株式会社ファミリーマートと
スマホを活用したコンビニ収納サービス
「マイペイメント®」の
取り扱いに関する基本合意を締結

2020年7月31日

NTTインターネット株式会社(代表取締役社長:清水 哲司、以下 NTTインターネット)は、株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区 代表取締役社長:澤田 貴司 以下 ファミリーマート)と、 2020年11月開始を目標にスマートフォン(以下、スマホ)を活用したコンビニ収納サービス「マイペイメント®」(以下、「マイペイメント」)(注1)を全国のファミリーマートで取り扱うことで合意いたしました。


コンビニ収納は、年間約10億件利用されています。しかし、企業にとっては請求書の印刷・郵送コストが、コンビニエンスストア(以下、コンビニ)にとっては請求書控えの輸送・保管コストが負担となっております。 また、利用者は請求書の持参忘れや紛失などで支払う機会を逃すことがあります。「マイペイメント」で請求書のペーパーレス化を実現することで、これらの課題を解決できます。


「マイペイメント」は、現在国分グローサーズチェーン株式会社、株式会社しんきん情報サービス、株式会社セイコーマート、株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、 ミニストップ株式会社のコンビニで利用が可能となっており、全国47都道府県2万4千店舗でお支払いいただけます。 この度のファミリーマートの追加に伴い、取り扱い店舗が約4万店舗まで拡大するため、さらなる利用者の利便性の向上が期待できます。


NTTインターネットは、利用者の利便性向上および利用企業の売上向上やコストダウンを追求するとともに、ペーパーレス化によってCO2を削減し低炭素化社会に貢献してまいります。




「マイペイメント」の表示画面イメージ




コンビニ収納サービス「マイペイメント」の概要

公共料金や通信販売の代金を支払う際にバーコードを利用者のスマホに表示し、コンビニ店頭で支払えるペーパーレスな決済を実現するサービスです。




サービスの特徴

①支払いの利便性を向上

 料金払込票を持ち歩く必要がなく、スマホひとつで、いつでも簡単にお支払いできます。

②請求から収納までの時間を短縮

 請求情報をスマホに送るのでお客さまはすぐにお支払いできる状態になります。また、利用企業は収納情報をリアルタイムで確認できます。

③収納コストを削減

  請求書の印刷費、郵送費を削減できます。また、電子帳票なので収入印紙も不要です。

④専用のアプリが不要

  本サービスのために利用者は、新たに専用のアプリをインストールする必要はありません。スマホの標準機能のWebブラウザでバーコードを表示します。




「マイペイメント」のサービスの流れ

利用企業の請求情報からバーコード表示用のURLを発行し利用企業に提供します。利用企業から利用者のスマホにURLを通知し、利用者がスマホで請求情報(バーコード)を表示して料金を支払うと、利用企業に支払い済み情報をリアルタイムに通知します。

  • サービスの流れ



「マイペイメント」ロゴ

  • 「マイペイメント」ロゴ

(注1)
「マイペイメント」、「マイペイメント」ロゴは、NTTインターネット株式会社の登録商標です。




参考

■「マイペイメント」ご利用可能コンビニ (50音順)

国分グローサーズチェーン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:横山 敏貴)
株式会社しんきん情報サービス (本社:東京都港区、代表取締役社長:馬場 英一)
株式会社セイコーマート (本社:札幌市中央区、代表取締役社長:赤尾 洋昭)
株式会社セブン-イレブン・ジャパン (本社:東京都千代田区 代表取締役社長:永松 文彦)
株式会社ファミリーマート(2020年11月取り扱い開始予定) (本社:東京都港区、代表取締役社長:澤田 貴司)
ミニストップ株式会社 (本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:藤本 明裕)